トップページ → メニュー → コンパッソレオナルドジェニオ
  COMPASSO LEONARDO GENIO
・商品番号:0760 「コンパッソ・レオナルド・ジェニオ」 ¥47,000.
とくちょう:

・プロフェッショナル用途の黄金比デバイダー
・スイス シャーレン社・加工精度とデザイン性の高さを両立したプロダクト。

COMPASSO
LEONARDO
GENIO
美術や建築、あるいはデザインの世界において、
その作品の美しさや安定度の後ろだてをする要素のひとつに
「黄金分割比」「黄金比」(Golden Rule)というものがあります。
縦と横・またはAとBとの配分をどのようにすると最善なのか。
この比率については古くから多くの人々が研究をしているようです。
なかでも有名なのが1対φ(ファイ)の比率。

ここで言うφとは正方形を二等分した長方形の対角線の長さに
元の正方形の一辺の長さの半分を足した値です。
これを数値であらわすと「1.6180339877........」となります。

COMPASSO LEONARDO はこの「1対φ」を常に指し示すデバイダー(分割器)です。
デバイダーの指示するB:Cが
「1.618:1」の黄金分割比となります。
また、同時にA:Bも
「1.618:1」となっております。

B:CとA:Bを使い分けることにより
多くの対象物に対応が可能です。

本製品を用いて「1:φ」を自らの作品の中に織り込む、
あるいは作品や自然界の中に潜む黄金分割比を探し出すことができます。

昨今はWebの世界では、ページ上に展開するグラフィックスの数が増え、他方
ページ全体におけるレイアウトも重視される傾向にあります。
本製品を用い、画面上で簡単に「1:φ」のレイアウトをご確認いただけるものと思います。
また黄金分割比という要素は、クライアントに作品を説明する際にも
理解を得やすいキーワードになると期待されます。

本製品の素材はステンレス。
1.4mmの板材を抜いて作られており、扱いやすい重量でありながら手にした満足感は充分。
表面をマット加工してあり、美しい仕上がりを見せています。
シャーレンはスイスの会社。
私はこの製品とドイツの展示会で出会ったのですが、シャーレンの社長は本当に真面目なかた。
その真面目さがそのまま本製品の作りと雰囲気に反映されているように思います。

・製品仕様 コンパッソレオナルドジェニオ

基本仕様 :黄金分割比(黄金比)デバイダー(「1対1.618」分割)
本体材質 :ステンレス スチール
外形寸法 :175mm×78mm(折りたたみ時・最大部)95グラム(実測)
計測範囲 :上図「A」の幅として最大150mmまで
そのほか :位置固定用ネジ付き


トップページ → メニュー → コンパッソレオナルドジェニオ
余談ですが:
本製品の「Leonardo」とはまさにレオナルド・ダ・ヴィンチの名前が由来。「モナリザの微笑」や「最後の晩餐」などの作品で知られる画家であり、人体解剖図や飛行技術の研究でも有名です。その彼が遠近法や数学的な手法を美術作品に織り込んだお話は皆様もご存知のことかと思います。ダ・ヴィンチのほか、モンドリアン、ダリ、ガウディなどのアーティスト達も数値的なプロポーションの要素を作品に積極的に取り入れていたと言われております。

私はふと大阪の万博記念公園で撮影してきた「太陽の塔」にCompassoを当ててみたところ、モニュメントのなかほどにある顔の中心が塔の全高の「1対φ」の位置に有ることを発見しました。岡本太郎氏も黄金分割比を意識していたのでしょうか。