トップページ >> メニュー >>  ごらん FW
 ジョッター付き A5 ノートカバー 「ごらん FW」

・2069 「ごらん FW」¥22,140.

■ 製品概要

・A5サイズ対応のジョッター付ノートカバー。
・屋外で、手持ちで使うことを想定した製品です。

A5サイズを包むカバーは大きすぎず・小さすぎない、ほどよい存在感。(実際手にしますと、この写真よりもスリムな感じです。)

ブッテーロ素材が表わす「革らしさ」。色も、手触りも、香りにも、ごらんを手にして笑顔になれる部分です。

そして、カジュアルにもフォーマルにも解釈できる外観。いつでもどこでも、一緒でいることができます。

※筆記具は撮影用小物です。

■ 製品のあらまし:

「ごらん」はもともと、その企画者にとっての
「旅行先フランスで、自分がオノボリさんに見られないよう、ガイドブックを隠すためのカバー」
として生まれました。つまり、「見栄っ張りのためのノートカバー」だったのです。

ストレートなコンセプトを実現すべく、各部はシンプルな構成。
ノートや冊子をぐるりと包む大きなカバーは、前述の「中身を隠す」ための機能です。
屋外で、手持ちでの参照or追記を想定した作りになっています。

表側にセットされた筆記具を抜くとカバーが開く仕組みです。内装には、ポケットやフラップなどの余計なアクセサリーはほとんど無く、そのことが「革小物だから何でもできる」という一般的な考えとは反対に向かうものとなり、結果としてさらりと上品でありながら、力強く個性的なフィールを得ていると私は思います。

ブッテーロの1枚革をベースに、手にしたとき、使ったときの「確からしさ」を実現する各部構成。

中央の濃い色の部分にはアメ豚革(豚革)を採用しています。ノートを着脱する際にすべりやすくするための工夫です。

※皮革表裏面の色ムラ、スジ、キズ類は、塗装でごまかさない、自然素材ならではのものです。

フロント部分のペンホルダーには、直径10〜13mm(内部に収めるノートのサイズや膨らみ具合で変動)程度の筆記具が収まります。ここにセットする筆記具えらびは持ち主のうれしい悩みとなるでしょう。

いまセットされているのは、ボールペン「ZOOM2000」(メーカー製造終了品)です。

■ 使いこなし:

本品は「汎用のA5サイズ・ノートカバー」です。A5版のノートの多くを内部にセットできます。A5版は「小さすぎず(=充分のびやかに書ける紙面)、大きすぎない(=ノートの総重量が小さめ)」として、多くの人が紆余曲折の末にたどり着くサイズと言われています。それゆえ市場には様々なA5サイズのノートが出回っており、ユーザーの選択の幅が広く、色々な意味で手頃なノートです。

基本的には「製本(糸綴じ)タイプ」のノートが上手く収まるように出来ています。写真はデザインフィルの「MDノート(外形148×210×10mm)」を収めた様子。この程度のサイズですと、内側のペンホルダーにも筆記具を装填できます。

ごらんには、ノートの裏表紙側をセットします。セットする部分にはスベリの良い「アメ豚革」の内張りが。

ひごろはノート単体の状態で記入。そのノートをごらんにセットして持ち歩くという用途を想定しています。それゆえ、ノートを着脱しやすい内張りが採用されているのです。

ごらんのシンプルな仕様とルックスは、企画者の「モノの使い手」としての経験とセンスによる結果です。「シンプルだけど心は豊か」そのことをご理解頂ける人の手に…。

海外製ノートであれば当店長年の人気商品:クレールフォンテーヌ社の「製本ノート」(148×205×12mm)がフィット。

方眼罫線のノートをお選び頂ければ、その時の気分に応じて縦書き・横書きが自由です。

意外と収まりが良かったのが、当店でもお薦めしているmarumanのニーモシネ A5 (158×210×9mm)。

裏表紙がボール紙&樹脂の2枚構成なので、屋外での手持ちorヒザ乗せでの筆記がラクです。

筆記後はマイクロカットのミシン目でパキッと切り取り、即スキャン。システマチックに運用可能です。

(ニーモシネ・ライトは装着できませんでした。)

■ ジョッター機能:

ごらんは常に改良が施され、すでにいくつかのバージョンがあります。途中で追加されたのがジョッター機能です。ジョッターとは用紙やノートを支え、持ちやすく書きやすくするもの。

背面の横幅150mmのスリット。ここに薄いノートを1冊はさむことが可能です。当店取り扱い品ではThinkingPowerNotebookの「ネイチャー」がセットできます。長期に保存したい情報は中のノートに、メモや取材にはジョッター側でといった使い方。あるいはスマートフォンや紙片などを入れておくポケット代わりにも使えます。

ごらんの背面にある幅150mmのスリット。ここにノートをセット可能。(もちろん使わなくても大丈夫です。)
ThinkingPowerNotebookの「ネイチャー」をセットした様子。ごらんが取材用ツールになります。

表紙を留めるキャッチャーも装備。

(このジョッター付モデルが「FW」です。)

■ ギャラリー:

ごらんは「銀座・五十音」監修の製品です。現在のロットでは東京小猫商会のブランドとなっています。

■ 製品仕様

・外形寸法:175×225×20mm(ペンホルダー含まず)
・本体重量:210グラム
・皮革素材:ブッテーロ(牛革),一部に豚革
・本体色 :ダークブラウン
・生産国 :日本

■ 注意事項:

・皮革製品はお使いいただくうちに退色や変色することがございます。
・本体色が周囲に移る恐れがございます。
・銀製の筆記具を収容することで筆記具まやごらんが変質・変色する恐れがございます。
・ブッテーロは天然素材由来のキズ・スジ・色ムラ等が多数ございます。
・ごらんは基本的に、ノートや冊子を持ち歩くためのカバーです。
 ノートにきっちりと記入する際には、ノートをごらんから外した状態にされることをお勧めします。


トップページ >> メニュー >>  ごらん FW