トップページ → お知らせ


2006年6月25日
信頼文具舗
ペンショップ・オーテとの相互協力(業務提携)について
信頼文具舗は、国産万年筆製造の草分けである旧「吉野製作所」/現「ペンショップ・オーテ」(吉野さき江店長)と業務での相互協力をさせていただくこととなりました。硬く表現しますと業務提携です。

これによりまして、今後信頼文具舗で取り扱う万年筆については「ペンショップ・オーテ」の技術的なご支援をいただき、お客様への充実したサポートをご提供できることとなりました。

また、信頼文具舗(和田哲哉)は万年筆のペン先の取り扱いについて、「ペンショップ・オーテ」の技術を継承させていただく事をお願いし、そのご指導が開始されました。

いっぽう信頼文具舗は「ペンショップ・オーテ」と店長:吉野様の素晴らしさをご紹介し、旧吉野製作所の歴史と功績・そして当時の自社製品である「オーテ万年筆」の名を皆様にお伝えすることをお約束させていただきました。また、もし出来るのならば関係のかたのご協力を仰ぎ、「オーテ万年筆」の復活にも望みをつなげてまいりたいと考えております。

■ ペンショップ・オーテ

愛知県豊橋市にある万年筆と文房具のお店です。店長の吉野様は国産万年筆「オーテ万年筆」を製造・販売していた吉野製作所、創業者の娘様です。吉野様は生まれた時から「万年筆と共に人生を歩んで」こられたと言っても過言ではありません。万年筆を決して特別視せず身近な空気のような存在に捉えておられ、しかも万年筆の本質を解っておられる素晴らしいかたとお見受けしました。

■ 吉野製作所

万年筆のメーカーです。自社製品の名前は「オーテ万年筆」。創業はじつに大正8年(1919年)。これは(詳細は未確認ですが)並木製作所(現パイロット)創業の翌年、中屋製作所(現プラチナ)の創業とは同年に当たるのではないかと思います。愛知県豊橋市に本社を置き、ピーク時には1日に百本の万年筆を出荷することもあったそうです。豊橋市街に開いた直営店(現ペンショップ・オーテ)は日本に20あった旧「全国万年筆専門店会」に加盟し、当時この会がプロデュースした万年筆「パイロット・エラボー」の開発にも参画していたとのことです。

■ 信頼文具舗と万年筆

私は著書「文房具を楽しく使う(筆記具篇)」において、万年筆の趣味の終着点が必ずしもペン先研磨にはないのではないかとの見解をいたしました。(誤解を防ぐため、正しくは本書をご参照ください。)現在もその考えは変わっておりません。しかし、まずは万年筆の本当のところを正しく理解するのが道筋と思っておりましたので、吉野様との出会いによって今後の考察が深まるのではないかと期待しております。

このあたりのお話は今後、「信頼文具舗」/「ステーショナリープログラム
あるいは店長のブログ「LowPowerStation」等でお知らせしてまいります。
※ このたびの吉野様との出会いは、私の恩人・親友であり、
ステーショナリープログラムのコントリビューター:「氷川 剛」様の
おちから添えによって実現しました。氷川様、ありがとうございました。

トップページ → お知らせ